Retouching / Printing

写真は撮って終わりにしないことが大切!撮っただけではそれはまだ写真ではありません!​

RAW現像や写真の印刷、フィルムのデータ化など、写真を取り扱う際に役立つ機材や道具もあります。

​実際に作業を始めてから色が合わない!など苦労することも多いので転ばぬ先の杖として用意しておきたいものです。

※各リンクを開くにはロングタップ/右クリックからご参照ください。

​現像ソフト

​カメラで保存したRAWデータを現像するためのソフト。Adobe Lightroomが代表格ですか他にも様々なソフトウェアがあります。

jpegと呼ばれるデータが最も写真のデータとして一般的に流通しているものですが、これはパソコンやスマホ、web上で使用する際になるべくデータを小さく保存しておきたい為に圧縮された加工後のデータです。これらを加工する前の非圧縮データで保存しておくものをRAWデータと呼び、これを処理してjpegなどの画像データに書き出すことを一般的にRAW現像と呼びます。撮った直後からjpegで保存されているカメラや設定は、そのカメラが勝手に処理を行ってくれている、ということです。これでは好みの色が再現できないので、カメラ任せにせずに自分で処理を行うために現像を行うわけです。

このプロセスにおいて色味を変更したり、様々な修正を行うことがレタッチです。

RAWデータは写真になる前の生データ。白飛びしてしまっている以外はどれほど暗く写っていようと、カメラに取り込まれた色情報はある程度生きているので、レタッチの過程で復活させることができたり。

 

RAWデータは写真じゃないのに、何でプレビューできるかって?そうじゃないと人間にはどのデータかわからないから機材が翻訳してくれてるだけです。「プレ」ビューです。

​Adobe製品でPhotoshopというものもありますが、こちらは本格的な画像加工ソフト。このソフトの付属機能で現像を行うこともできますが、現像だけに特化しているのはLightroomです。Lightroomでは対応できない高度な写真編集には画像加工ソフトが有力なので、特色を理解した上で使い分けましょう。

カラーマネジメントディスプレイ

​デジタル写真をレタッチする上で当然必要になってくるパソコンのモニター、実は正しい色が表示されているとは限りません。

これに対し画像編集や動画編集用に色の再現度を高くしたディスプレイのことをカラーマネジメントディスプレイなどと呼称します。

色の再現度が高いことにより、写真をスマホで表示したり印刷したりする際に色がズレなくなります。

色の幅、色空間を示す値としてsRGBやAdobeRGBなどがあり、これらをどれほどディスプレイで表示できるかのスペックを示すのが各々のカバー率と呼ばれるものです。sRGBよりもAdobeAGBの方がより広い色空間を持ち、一般的にカラーマネジメントディスプレイはこの値が99%~100%となっています。

Apple製品のディスプレイはiPhone、iPad、Macシリーズともに色の再現性という点では優秀です。フォトグラファーがMacを使用する人が多い理由の一つがこれです。色再現度の低いディスプレイで編集した画像はiPhoneなどでチェックする羽目になったり。。。

Macbookを使用する人も大きい画面で編集したい場合などにはカラーマネジメントディスプレイの購入をお勧めします。

​特に印刷をどんどん行いたい人にはマストアイテムになるかも。

​同じ製品でもサイズと解像度で大きく値段が開きます。お財布と相談しながら選ぶべし。

キャリブレーター

​ディスプレイの表示色を計測し、補正する道具です。

カラーマネジメントディスプレイであっても、モニターは長期使用している間に色ズレを起こし始めます。カラーマネジメントディスプレイ製品は出荷時に色補正(キャリブレーション)を行って出荷されているものも多く、検査証などが同梱されていたりもしますが、当然それでも色補正は結構大事…。

​ハンディキャリブレーターはディスプレイに直接当てて、専用のソフトウェアを使用し、色補正を行うプロファイルを作成してくれるものがあります。基本的には年単位でOKですが定期的なキャリブレーションが理想的。使用頻度は低いのにやたらと高い価格に思わず躊躇いますが、数名でシェアしながら使って割り勘するなんてどうでしょう笑

プリンター

ご存知、印刷する為に必要なプリンター。

​プリンターを所持すること、店舗で印刷することのメリット・デメリットについて理解しておきましょう。

●プリンターのメリット

・いつでも好きな時に印刷を行い、チェックができる。

・好きな写真用紙を選ぶことができる。

・ミスプリントをしてもやり直せる。

・自分で調節が利く。

など

●プリンターのデメリット

・初期投資がかかる。

・ランニングコストは案外高い。

・自分で調節が利く分、色管理をしっかり行わないと求めている色が再現されない。

など

●店舗のメリット

・写真データに対して忠実に印刷を行ってくれる。(サービス次第ではあります)

・A2以上などの大きなサイズの印刷に対応してくれる。

など

●店舗のデメリット

・1枚あたりのコストが割り高。

・店舗が用意する写真用紙の中からしか選択ができない。

・自責のミスプリントが悲しい。

​など

とにかく、数を印刷する、自分でアルバムやポートフォリオ、作品作りをしたい人は写真活動を行う上でプリンターは必須だと思います。安価なプリンターでもある程度綺麗な写真を印刷することも可能です。より作品作りを深めていきたい人は写真印刷用のハイグレードなプリンターを視野に入れて。

​インク色は5~6色以上が推奨。多くのプリンターは染料インクを使用しますが、一部のプロ機には顔料インクが使用されます。紙との相性や退色堅牢度、プリンターのメンテナンス性に影響するので、それぞれの特徴については知識として調べておきましょう。

スキャナー

​写真や文書などをデジタルデータとして取込むための機材です。

すでに印刷された写真をデータ化したい時に使用できます。

また、少々値段が張りますがフィルム(35mmやブローニーなど)を写真として取り込むことができるモデルもあります。

35mmフィルム専用のスキャナーはリーズナブルなものも。

フィルム写真のデータ化を店舗で行ってもらった場合はCD作成やサーバーダウンロードなどの手法を取りますが、解像度が低い場合も多いです。(高解像度でのデータ化サービスもあります)

​自分でやる分手間ではありますが、フィルムスキャナーを使用すれば解像度を自分で設定することも可能です。家に眠った昔のフィルムも蘇るかも?

​バックアップ用の準備

デジタルデータの喪失を避けるためにはバックアップが不可欠。特にSDカードはちょっとした瞬間にデータが破損してしまうこともあるので、撮り溜めは厳禁です。

大量のRAWデータはサイズもかさむ為、PC本体のストレージに保存を続けると動作が重くなってしまう為、必ず写真保存用に外付けHDDやSSDの使用や増築をお勧めします。ノートPCを使用して持ち出すことが多い人はコンパクトな製品が良いでしょう。

​HDDをネットワークに接続して個人のクラウドのように使用できるNASシステムもあります。外出中でも高速回線があれば自宅のデータを引っ張ってくることも可能になりますが、自宅に通したネットがしっかりした光回線などでないと通信が遅すぎて使いものにならないので気を付けましょう。

バックアップのみで考えればクラウドサービスも有効ですが、取り扱うサイズも大きいので有料ストレージを使用しましょう。

Amazonプライムを契約していればストレージサービスもついてきたりするので上手く使いましょう。

PCでの手動管理が大変な場合はバックアップソフトを利用します。Macならば「Time machine」というソフトがプリインストールされています。

ayanox.u2.po@gmail.com​

​大阪府 日本

established 2019

  • Instagram